雪歩きは雪道つくりです。先頭の人の“ラッセル”はつらいけど、あとは足跡がつながって楽な道になります。
 だから先頭は時々交替します。バラゝゝに歩いて無駄に体力を消耗しないことです。

 雪が締まっていれば、まぁ普通並みに歩けますが、猛吹雪の中を“泳ぐ”のはもう地獄(?)…
  一応冬山です。あなどれません。

 多少つらい時があっても、雪の中はとにかく美しいし、やはり楽しいものです。

 ご先祖さまが見たのと全く同じ景色の中に、
    まるでその時代からあったような
                一筋の自然な曲線…
 そんな美しい足跡をつくってみませんか。

 
<建設着工> 1976/10 [基礎着工]
           1977/08 [建築着工]

          
 2011/夏 前工偽会長、見学と称して入室。無断滞在。小屋各部破損。
           2012/春、冬期放水の漏水発見。秋までに床板・断熱材剥がし、
               秋〜 ジェットヒター搬入。1F床・地下天井の乾燥。
            2013 乾燥確信なく、修復自信喪失。/9、建設当事者集合、再建断念…

              
 /11 下旬、業者により解体完了。 築37年の歴史 消滅    

<コミュニケーション歴>

 1990/10  [パソコン通信]    niftyserve に 「homeparty」 開設。  
<最初の頁…ご参考>
 1997/06  [ − 〃 − ]    nifty 「patio」に移行。
 2002/06  [ Inter Net ]   「homepage  /noderagoya/」  に移行。
   〜
 2013/11  [ − 〃 − ]        − 〃 −        
   〜              (小屋消滅 but 仲間は健在) 

*

表紙に戻る きっかけ 手づくり 環境 生活 写真集
[ 冬 ]
 こゝは1年の半分は冬です。 春・夏・秋は残り半分、かけ足で過ぎていきます。 
               こゝの良さは冬です。

 “屋根まで雪に埋もれた山小屋の生活”…
小屋作りのテーマでした。
  スキーに来たのに小屋のとりこなり、ウイ・スキーだけで帰る人も少なくありません。

  しかし、夏とはまったく違う世界です。
深い積雪の上を歩くので、それなりの準備が必要です。
  服装・装備など、小屋番がご相談に乗ります

 取り敢えず、プロフィ−ルを添え戴き、メールで お問い合わせ下さい。

 初回は誰か小屋番が同行、ご案内致します。 車も実費でご利用戴けます.
小屋の取扱いに慣れて戴いたら 、以後 「小屋仲間」としてご自由にご家族・お仲間などと小屋をお使い戴けます。
 
 お帰りには、ご同行者共々若干の消耗品実費と維持費カンパ 「ご芳志」 を缶カラに入れ、[アルパインカレンダー]にご記名戴くと [背番号] が決まります。

 なお、ご計画はHP「談話室」に投稿、他の仲間との重複の有無を確認して下さい。
       またご相談は何なりと、小屋番までメールでどうぞ。
 さて、こんな話のご印象は如何でしたか。

 こんな訳で、小屋のどの部分にもこれを作り育てゝきた先人達の思いが込められています。 それは特別な人ではなく、“誰か”達です。   そして、長年の先人達の努力で、土地の方々に厚いご信頼を戴き、「山小屋の人」 は注目されています。

  こんな背景をご理解戴き、興味を持たれたら、気軽に小屋の実物の方も覗いてみて下さい。
そして、あなたも “誰か” になって戴けたら嬉しいのですが…


[ そして… ]

[ 小屋のご利用の仕方… ]
 このHP・その他、ご感想・ご意見を是非 「談話室」 にどうぞ。