1977年夏、2台のトラックに材木を満載して到着。建築作業開始。

 この工法は先ず床を張る。 そこを作業場として一枚づつ壁を作って立ち上げ、結合し、天井を作り、最後が屋根です。   雪が積もる前に屋根が出来ないと潰れます。  工程はかなりタイトでした。

 ほとんど毎週末、交替で作業に通いました。          関越道路もまだなく、土曜も出勤の時代です。 大変なことでした。 みんな手弁当、誘い合っていつの間にか大集団になりました。

 確かに、素人の金槌で本当の建物が出来ていくし、また細かい所は各個人の知恵がちゃんと形になって残る。       みんな、やり甲斐を感じたのです。

 それから30年…  当時の若者は、今は立派なお父さん・お母さん。  (お爺さん・お婆さん?)

 でも大木の年輪のように毎年新しく若者が加わって、参加者はすでに900人、約800回、 小屋に通い続けました。
 
表紙に戻る きっかけ 環境 生活 冬,& 写真集
[ 手づくり ]
  豪雪地帯では、基礎は一冬寝かすそうで、予定地は岩と根っこのからまった斜面…  これは業者に依頼しました。

 翌春、残雪に顔をだした基礎は、計測すると案の定狂っており、 “手づくり”はその修正作業からでした。

 

 さて建物…建築は大工の仕事。ログハウスなんて言葉も
ない時代です。

 我々の知ってる道具は金槌と鋸だけ。でも、それで出来る
工法がありました。この数年前、認可されたばかりの2×4
工法です。

 ちょうどこの年、初めて普及版の解説書が出版され、一夜
漬け開始! 材木は北米産、これは大手商社のご協力で目
途がつき、GO!えす。


 ( 当時の認可は豪雪地帯は除外でした。まぁ住宅ではないし、もう時効でしょう。
   現在も本体には全く異常なし。日本の豪雪地帯、最古の2×4建築かも )

でも、まだゝゝ未完成… いつも工事中です。