表紙に戻る . 手づくり 環境 生活 冬,& 写真集
[ きっかけ]
冬登るのに汗びっしょりのラッセルが要ること… 
小屋は屋根まで雪に埋まってること…  
半日がかりで掘らないと入り口が見えないこと… 
 この程度のテーマを掲げ、燃えました。

  たまゝゝ知人の持ち山にそんな環境があり、隅っこをお借りできました。

頂上など諦めた元山男たち、
何かふだんと違う事をやってみたかった人たち、
ボヤっとしてたら捕まってしまった人たち、
そんなのがいつのまにか集まり、小さな小屋をつくり始めました。

 1976年のことです。






 今は昔… 

 進駐軍専用車の連結器に決死の覚悟で隠れたり、使いもしない古ピッケルをザックにくゝりつけて闇米取り締まりの検問をごまかしたり、

 そんな苦労をしながら若者が山歩きの真似ごとをしていた頃… 山小屋って、たいてい山仕事の人々の為の無人の避難小屋だったようです。

 粗末な“小屋”でしたが、そこで救われた人達の安堵の思いがこもっているようで、何とも居心地のいゝ、まさに深山のオアシスでしたね。

 山行から離れて10余年、貧乏サラリーマンも些か疲れて、そんな避難小屋が無性に懐かしくなった時、

 いつの間にか、そんな山小屋はみんな旅館みたいにになってしまってると聞かされました。

 大体、山はどこもかしこも登山者で溢れ、もう昔のような山小屋などある筈はなかったのです。
無ければ自分で作るっきゃない!
  八ケ岳   キレット小屋
(撮影: 岳友 故星出睦彦氏)

  息子は今や宇宙のベテラン、
     親父は日本の山だけで…
            なんと、惜しいこと…